トイレのつまりを取り除く方法

簡単なトイレのつまりであれば、自分でなおすこともできます。しかし衛生面での問題もありますし、かえってトイレを傷つけてしまうこともあるので、作業は十分に注意して行ってください。

トイレのつまりを解消するために、最も簡単な方法は水を流すことです。バケツに水を用意して、高い位置から排水口に向けて水を流してみてください。一気に流し込むのではなく、少しずつ様子を見ながら流すのがポイントです。バケツがない場合には、大きめのペットボトルでも代用は可能です。

ラバーカップ水で効果がない場合には、ぬるま湯に変えたり、洗剤を流してみたりすると変化があるかもしれません。この場合、洗剤は市販のトイレ用のものが適しています。また自宅に重曹があったら、重曹と酢を1対2の割合で混ぜて流し込むのも効果的です。またトイレのつまりといえば、ラバーカップを想像する人も多いでしょう。通称スッポンと呼ばれるものですが、これで水の流れをよくする方法もあります。

ラバーカップのゴムの部分を排水溝に密着させたのちに、棒を引っ張り、ゴムをはがします。たまっていた水が勢いよく流れだし、トイレのつまりを解消することもあります。このように、簡単な処置でトイレのつまりが解消できることもありますが、状況が良くならない場合には、やはり業者に頼んだ方が無難ではあるでしょう。

トイレのつまりの原因とは

トイレのつまりの原因は、多くが便器内に異物が入り込んだことにあります。実際にどのような異物がトイレのつまりの原因となったか、いくつか例を挙げてみましょう。

ティッシュペーパーよくあるのが、トイレットペーパーの代わりに流したティッシュペーパーがトイレのつまりの原因となる例です。トイレットペーパーは、水に溶けるように作られていますが、多くのティッシュペーパーは水に溶けることはありません。トイレットペーパーがないために、ティッシュペーパーを使ったことが、トイレのつまりの原因となることがあるので注意しましょう。

また、おむつや生理用ナプキンもトイレのつまりの原因となります。どちらもトイレで使うことが多く、便器に落としてしまうこともよくありますが、これらの二つは水に溶けるようには作られていません。むしろ、吸水性が高く、水を吸って膨らむ性質があるので、落としたときは早めに便器内から取り除くようにします。また、近年増えている節水トイレも、トイレのつまりを引き起こすことがあります。基本的に水洗トイレは、水で流すことで便器内の汚物を取り除きますが、節水トイレはこの水流が弱いために、異物を押し流すことができないからです。

いずれにせよ、便器内に異物が落ちた場合には、見えるようであれば早めに取り除いた方が安心です。続いては、トイレのつまりを取り除く方法について説明します。

トイレのつまりの初期症状

トイレのつまりというのは、前兆の症状が見られます。普段用を足した後で、水を流して、様子がおかしいと感じたときには、なるべく早く症状を改善しましょう。たとえばこんな状態になったときには、トイレのつまりを疑ってみる必要があります。

まず、軽微な症状としては、水の流れが普段より悪いといったものがあります。レバー、あるいはボタンを押してみて、水がいつもより遅く流れた場合には、トイレのつまりが起きている可能性があります。

水位が上がるまた、水を流した後、普段よりも便器の中の水位が上がっている場合も、トイレのつまりの軽微な前兆です。このような症状が起きたときは、便器の中、あるいは排水管に異物が詰まっていることを考えてみましょう。しかしさらに水を入れて、異物を流してしまおうとしてはいけません。ものによっては便器や排水管を傷つけてしまうこともあるので、あまり長く症状が続くようなら業者に修理を依頼した方が安全です。

また、タンクに異常が起きている場合もあります。タンクから流れる水が少ない場合や、水の勢いが普段よりも弱い場合が、その症状にあたります。同様に自分で改善するのは難しいので、やはり業者に調査を頼んだ方がよいでしょう。

トイレのつまりはどんな時に起きるのか

トイレ毎日の生活の中で、トイレを使わないという人はいません。大切な場所であり、普段よく使う場所でもあるトイレには、ときどきトラブルが起きることがあります。水が流れにくくなったり、便器内の水位が異常に上がっていたりする場合、トイレのつまりが起きているかもしれません。トイレのつまりのほとんどは、異物が入り込んだことが原因ですが、そうしたもののは大半が私たちが日常で何気なく使っているものばかりです。

たとえばティッシュペーパーであったり、赤ちゃんのおむつであったり、女性の生理用品であったりします。また、胸ポケットから落ちたボールペンやスマホ、メモ帳などがトイレのつまりの原因となることもあります。

また最近では、水流の弱い節水トイレがトイレのつまりを引き起こす例もよく見られます。異物を押し流すだけの勢いが、タンクから流れる水にないためです。こうした状況になった場合に、私たちにできることにはどんなことがあるでしょうか。自分でトイレのつまりを改善する方法も気になります。このサイトでは、トイレのつまりが起きる前兆から、トイレのつまりの原因となるもの、トイレのつまりを自分で解消できる方法などを、詳しくご説明しています。

特にトイレのつまりの前兆については、知識があれば、少しの注意でトイレの故障を防ぐこともできるでしょう。トイレがどのような状態になったとき、トイレのつまりが起きているのか、前もって知っておくことが大切です。