トイレのつまりというのは、前兆の症状が見られます。普段用を足した後で、水を流して、様子がおかしいと感じたときには、なるべく早く症状を改善しましょう。たとえばこんな状態になったときには、トイレのつまりを疑ってみる必要があります。

まず、軽微な症状としては、水の流れが普段より悪いといったものがあります。レバー、あるいはボタンを押してみて、水がいつもより遅く流れた場合には、トイレのつまりが起きている可能性があります。

水位が上がるまた、水を流した後、普段よりも便器の中の水位が上がっている場合も、トイレのつまりの軽微な前兆です。このような症状が起きたときは、便器の中、あるいは排水管に異物が詰まっていることを考えてみましょう。しかしさらに水を入れて、異物を流してしまおうとしてはいけません。ものによっては便器や排水管を傷つけてしまうこともあるので、あまり長く症状が続くようなら業者に修理を依頼した方が安全です。

また、タンクに異常が起きている場合もあります。タンクから流れる水が少ない場合や、水の勢いが普段よりも弱い場合が、その症状にあたります。同様に自分で改善するのは難しいので、やはり業者に調査を頼んだ方がよいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket