簡単なトイレのつまりであれば、自分でなおすこともできます。しかし衛生面での問題もありますし、かえってトイレを傷つけてしまうこともあるので、作業は十分に注意して行ってください。

トイレのつまりを解消するために、最も簡単な方法は水を流すことです。バケツに水を用意して、高い位置から排水口に向けて水を流してみてください。一気に流し込むのではなく、少しずつ様子を見ながら流すのがポイントです。バケツがない場合には、大きめのペットボトルでも代用は可能です。

ラバーカップ水で効果がない場合には、ぬるま湯に変えたり、洗剤を流してみたりすると変化があるかもしれません。この場合、洗剤は市販のトイレ用のものが適しています。また自宅に重曹があったら、重曹と酢を1対2の割合で混ぜて流し込むのも効果的です。またトイレのつまりといえば、ラバーカップを想像する人も多いでしょう。通称スッポンと呼ばれるものですが、これで水の流れをよくする方法もあります。

ラバーカップのゴムの部分を排水溝に密着させたのちに、棒を引っ張り、ゴムをはがします。たまっていた水が勢いよく流れだし、トイレのつまりを解消することもあります。このように、簡単な処置でトイレのつまりが解消できることもありますが、状況が良くならない場合には、やはり業者に頼んだ方が無難ではあるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket